賃貸に関する情報が満載!

賃貸物件の違約金とは

賃貸物件の違約金とは 賃貸物件を借りる時は、契約期間が定められます。
たいてい2年程度とされていますが、その期間が終わる前に部屋を出て行く場合は、違約金の支払い義務が生じることがあります。
違約金の額は賃貸物件によって異なりますが、家賃の3ヵ月分というのが一般的です。
2年間住むという契約をしておいて数日で出て行った場合はまず3ヵ月分となりますが、1年後だと2ヶ月分に減免されることも少なくありません。
このように、本来の期間よりも早く出て行くことによるペナルティーという意味合いの物ですが、例外もあります。
契約更新時に家賃を値上げされ、それが不服で出て行くという場合は、ほぼ支払い義務を免れられます。
また、部屋の汚れ具合や人気度なども支払い義務に影響を及ぼします。
部屋が汚ければ、支払い義務が生じる可能性が高いですし、人気の低い物件であれば、すぐに次の借り手が見付からないかもしれないというリスクがあるので、3ヵ月分以上になることもあります。

賃貸物件の解約の手続き

賃貸物件の解約のタイミングを正しく理解することで、管理会社との間で円滑に手続きを進めることができるため、まずは契約時に書面を交わしたり、担当者からの説明を聞いたりすることがとても重要です。
この頃は、転居の機会が多い人が目立っており、万が一の事態に備えて、解約手数料の相場をチェックしておくことが勧められます。
人気の賃貸物件の大半は、解約の際の手数料がリーズナブルであることや、すぐに手続きが取れることが特徴として挙げられます。
大手の管理会社では、顧客に対するサービスの向上を図ろうとする動きが活発に見られており、現在では解約の手続きのアドバイスがきちんと行われるようになっています。
賃貸物件の契約に必要な書類の準備や、初期費用の集め方については、今や多くの日本人にとって、興味深い事柄として捉えられることがあります。
また、常に信頼のできる情報をキャッチすることで、誰でも賃貸物件を賢く選ぶことが出来ます。